次に発売されるだろう「iPhone6s/6s Plus」はどうなるのか

What-s-Coming-From-Apple-in-2015-Apple-Watch-iPad-Pro-iPhone-6s-12-Inch-MacBook-and-More-Mac-Rumors-e1420116829435
 
 

次期iPhoneとなるiPhone6s/6s Plusは、A9チップ、1200万画素のカメラ、2GB RAMを搭載し、ケースカラーとしてローズゴールドが追加され、量産は8月に開始される見通しのようです。

アップル製品の予測では定評のあるKGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏が現地時間12日、投資家らに対し、2015年発売が見込まれる次期iPhoneについての11の予測を記したメモを配布しました。以下その11項目をご紹介します。


11の予測


 

Force Touch(感圧タッチ)が次期iPhoneの最大の目玉となるが、これは同時にサプライチェーンのボトルネックでもある。Force Touchによって入力方法が増え、手書きのサインも可能になるため、ユーザーの使い勝手が向上するとともに、商業市場も広がるというメリットがある。

②スクリーンは4.7インチと5.5インチのままで、解像度も既存のモデルと同じになる。4インチモデルは発表されない

③ケースカラーとして、Apple Watch Editionのローズゴールドと同じ、ローズゴールドが追加される。

④カメラはおそらく1200万画素にアップグレードされる。

⑤音質向上のため、スピーカーの近くにマイクが1つ追加される。

A9プロセッサと、2GBの低消費電力モバイルメモリLPDDR4が採用される。

⑦ケースに異なる素材を用い、内部のデザインを変更することにより、折れ曲がり問題に対処する。

⑧サファイアガラスの落下テスト問題(落とすとひびが入るという問題)が解決されれば、5.5インチモデルにのみ、採用される可能性がある。

⑨Touch IDの認識率は、Apple Payの宣伝努力によって向上するだろう。

⑩ジェスチャーコントロールのサポート

次期iPhoneの量産開始は8月中盤~後半4.7インチと5.5インチの生産台数比率は2対1。2015年のiPhoneの総出荷台数は8,000万~9,000万台となる見通し。

参照元 : MacRumors

Be the first to comment on "次に発売されるだろう「iPhone6s/6s Plus」はどうなるのか"

Leave a comment

Your email address will not be published.

*